砂の歌に魅せられた人々



取りあえずは,鳴り砂研究に関わった人々をリストアップします



このHPに,直接登場する人々



小川琢治教授 [1870-1941]
 京都帝國大学地質鉱物科主任教授 [1930年退官] 自然地理学だけでなく,人文・歴史地理学に関しても造詣が深かった.
 和歌山県田辺の儒学の家の出自,小川家の継嗣となり,東京帝大出身. 京都帝大の地理学創設 (当時文学部) の教授に迎えられ, 理学部に地質鉱物科新設に際し転じて,定年退官まで勤続. 4人の男子は,いずれも学究の道に進まれた. 長男・芳樹=冶金学, 次男・貝塚茂樹=東洋史,三男・湯川秀樹=理論物理学,四男・環樹=中国文学

新帯[にいのみ]國太郎博士 [1882-調査中]
 愛知県知多半島・日長村(知多町→知多市)の出身. 満鉄 [南満洲鐵道KK] 地質研究所に在籍し,砂の研究に没頭, 旧満州から,ゴビ砂漠にも足を踏み入れた. また,北米大陸の砂漠も調べた. その中で,『歌う』 砂についても,調べ, 文献類を精査された.  別項で詳細記述の予定

中村新太郎教授 [1881-1941]
 京都帝國大学地質鉱物学教室・地史学担当 [1941年退官]. 東京御徒町の生まれ,東京帝大卒. 朝鮮半島を含む国内 [当時] の地質構造の解明を通して,地質層序学の確立に貢献された.





駒井卓教授 [1886-1972]
 京都帝國大学動物学科教授 新帯博士との直接の関係は詳しくは判らないが [共に東京高等師範学校出身],京都帝大内にある 論文探索の援助をされた記録 [2年12月の消印] が残っている.[書簡参照]




山下敬治と直接に,学術的交流のあった人々

橋本万平氏 [昭和27年=1952年の末頃交流]
 当時神戸大学姫路分校の物理教室に在任 [書簡参照]
 『琴引浜,石見の浜,大島(宮城県)に行きました. 能登,九州を調べたい.』

土橋正二氏 [昭和27年=1952年の末頃交流]
 当時神戸大学文理学部の化学教室に在任 [書簡参照]
 『界面化学的観点から考慮したい』


高原光氏 [昭和30年代師弟・先輩後輩の間柄] 1997年千葉大学定年退官
 氏の2つ論文 [1965,66年] に,山下敬治がトリガーを与えた.
 < 現在,別の学術的な理由から,山下敬治の著作権継承者から 『義絶』 中. >


  目次へ戻る