タイトルについて
     
2011.03.21整備

  正確には,『カタノ荘』 内日記 と読みます.
  私が入院した病棟は,古い (あるいは日本最古の) 地図の一つ『春日大社社領・鹿田の荘』
に描かれた荘園の跡地かもしれないとされる場所に建っています. 
現に,南隣に建設中の新病棟の事前発掘では,多くの生活遺構が出ています.(2002年時点)

  /// もっとも,『しかたの しょうない』 日記・・・ と読まれても,
                            筆者にはどうにもできません. ///


  雑吟・一句 [03/06/06]              随詠・一首 [02/01/13]

    脱ぎ果てて                  生きるとは かくなること哉
    シンチ画像の                 八日のちに 肺抉らる身
    骸骨ぞ                     夕餉の魚 [いを] 割く